小石川大正住宅へようこそ!

 

ごあいさつ

 

 「小石川大正住宅」は、東京ドーム・文京シビックセンターの北側に位置する築100年を超える古民家。関東大震災、東京大空襲、そして、東日本大震災も経験しました。

 

 奇跡的に残ったこの住宅を今後も大切に残していきたく、平成27年耐震補強も兼ねて改築し、どこかなつかしさを感じる古民家として再生することができました。都心にあって開放感のある木造の住宅で、暖かさとくつろぎのひとときを過ごしていただければ幸いです。

 

新しくなっていくこの街で、「小石川大正住宅」がなつかしい風景のひとつとして末永く残していけたらと、希望しております。

  

平成313月吉日

 小石川大正住宅

                      

ダウンロード
小石川大正住宅の基本理念.pdf
PDFファイル 59.8 KB

 

  ご利用案内へ                ご予約・お問合せへ


仕舞屋風の木造建物のご紹介

 左の写真にある仕舞屋(しもたや)風の木造建物は、現在、「小石川大正住宅」と名づけられています。
 

 その名の通り、文京区小石川(かのコンニャク閻魔=源覚寺付近)のやや奥まった場所にあり、近年再開発が凄い勢いで進んでいる小石川界隈にあって、見事なエアポケット地帯となっています。この家屋、最近、リニューアルされたもので、綺麗な外観となっていますが、大正初期築の、純粋な木造建築物なのです。特に内部の(特に二階部分)は、凝った木の窓枠に透明な窓硝子とネジ式の鍵、南向きの廊下(縁側)、床の間…。それは、昭和前期までの木造民家のお約束…。それらが建てられた当時のままの形で、文京区小石川に現存しているわけです。

 

 東京といっても、私などが記憶している戦後の下町にあった木造家屋とはまた違い、チープさが全く感じられない。やはり、何といっても〈山手風〉っぽいのだな。そして、昭和20年空襲を辛うじて免れた界隈にあって、約30年ほど前までは数多く残存していた木造民家も、かのバブル期には地上げの巷となって、今や現存する民家は、この一軒だけとのことです。界隈のかつての町名は「小石川初音町」。小石川では低地にあり、千川のどぶ川も流れていた辺りです。漱石の『こころ』にも描かれ、「樋口一葉終焉の地」にもほど近い場所。二階から外を望めば、名作『にごりえ』の舞台をも彷彿させる、かつて、子供たちの遊ぶ声が絶えなかった路地が、向かいの30階建てのマンションとの間に忍ぶように残っています。それはそれで、なかなかお見事な風景なのですね。
 
 実はこの家、私の学生時代の同級生であるNクンのご実家なのです。彼は、還暦を少し前にして「古民家再生」の意を決し、このご実家からエアコン(注)などは付けないままで手を加え、昨年、小石川大正住宅としての再生を行なったわけです。昨日、彼に招かれて、見に行ってきました。N クンの話では、寝転がって窓の外を眺めても、居眠りにも最適だそうですが、まさにその通りだと思いました。なぜか落ちつくのだな。透明なガラス戸ごしに、路地行く見知らぬ人と目と目が合っても、思わず、会釈してしまったり…。しかも、向う(ご婦人)も微笑み返してくれたり…。これ、結構好いじゃん!…なんて思いましたね。
 何云ってるか、わからなくなってきましたが…。

 

 外の黒板塀といい、大正民家のセットなどをわざわざ造るよりも、ナチュラルなこんな場所の方が、まさにリアル。場所柄といい、何かの撮影にも見事に使える場所だと思います。
 今、その南側では、更なる大規模な再開発が始まっています。昭和な町並みがまた、消えようとしていました。 

 

平成28年3月訪問して  作家・壬生 篤

 

 (注) 平成30年10月、夏の猛暑と熱中症、冬の寒さ対策のため1階にエアコンを設置いたしました。

 


【レンタルスペースご利用の事例】

 ・ 浴衣姿、和装の撮影

 ・ お花、俳優・声優・歌手のスチル撮影

 ・ アクセサリーや小物、CDジャケット撮影

 ・ 雑誌やテレビの対談やインタビュー

 ・ 活け花、書道、水墨画、美術作家による個展

 ・ 海外フィルム会社、放送局によるロケ撮影

 ・ 会議、研修会、鑑賞会、  他

(個人によるご利用事例)

 ・ 結婚式の前撮り、オープニングムービー撮影

 ・  成人式の前撮り、七五三、お子様の誕生会

 ・ 還暦祝い、家族のお食事会、 他


 

  ご利用案内へ                ご予約・お問合せへ

(ぶんきょう浪漫紀行)

(TOKYO SANPO )



日々是好日

 

 <BOSTON のフィルム会社>

  

ときどき海外からのお客様も来られる。世界で有名なロックギタリストがなぜ日本へ移住したのか、をテーマにドキュメンタリー映画作成のため撮影クルーが来られた。

 

日本も日本家屋も初めて、と話していたが、ロケハンのとき土間用サンダルを履いたまま室内の階段を上がっていってしまったので教えてあげた。インタビュー動画撮影の当日は、風がとても強くガタガタ鳴るガラス戸を押さえながら撮影されていた。

 

みなさん、物静かで機材の扱いもとても丁寧で、すばらしいクルーだった。公開が待ち遠しい。

 

 

 < 氷屋さんの 氷 >

  

昔、電気の冷蔵庫がない時代、冷蔵庫は木製の箱だった。夏場は朝と夕方の2回、近所の氷屋さんが大きな氷の塊を運んできてくれた。

 

なつかしいので調べてみたら、近所にまだ氷屋さんが残っていたので、ときどき配達をお願いしている。夏場は釣りやイベント向けでけっこう忙しいらしい。

 

 

<建物の保護保全>

  

当初は、耐震補強したこともあり、大きなイベントをしたこともあった。しかし、ある日、住宅のきしむ音に何だかかわいそうな気がした。築100年超の小さな古民家、無理はさせられない、、、

 

基本理念に立ち戻り、建物保護を優先し、人数制限していくことにした。

 

 

<住宅前の路地>

約半世紀前、昭和30年代の路地

 

付近は長屋や一軒家の住宅が多い地区で、路地はまだ舗装されていなかった。表のエンマ通りは商店街。10日ごとの「6」のつく日はエンマ様の縁日があり、夕方から露店が出てとても賑やかだった。子供たちもその日だけはと渡された10円玉を握りしめ、縁日へと駆け出した。

 

 

<利用者、訪問者の感想>

  

都心の古民家は珍しいようで、来てくれた方の感想は大変ありがたい。特に、20代~30代の若い人たちが喜んでくれたり、感謝されたりで、こちらのほうが恐縮してしまう。マンション住まいの小学生がなぜか「なつかしい」と言ってくれたりする。

 

三十数年前の結婚当時、父親から「住宅を直して住めば、、」と言われたことがあった。バブル絶頂期のその頃、私だけでなくみなさんそのような発想はまったくなかった。時代は変わったようだ。

 

 

 <光の変化、、>

2000年代初めの再開発後、長時間の日照は望めなくなった。

 

住宅の周囲には高層建築物が立ち上がっているが、夏至前後の約1か月、お昼ころになると建物のすき間から太陽が直接差し込んでくる。また、季節によっては、朝日が室内まで入る。斜めから差し込む光が古い建具やガラスにしみこみ幻想的な情景が生まれる。午後には西に傾いた太陽が高層マンションの壁面に反射し、淡く柔らかくなった光が住宅にあたる時間帯が来る。先日訪れたプロカメラマンは絶賛していたが、撮り方によってすてきな自然光になるらしい。

 

ときどき自然光は入りますか?と質問されるが、季節、時間、そしてその日の天気によって異なるため、それぞれの瞬間を楽しんでいただきたい。

 

    

<ご利用の傾向>

 

特徴的なことは、アーティストのみなさんのご利用が多いということ。美術作家・書道・水墨画・生け花の家元・フラワーデザイナー・ミュージシャン、、さまざまなジャンルの作品の撮影や個展でお使いいただいている。みなさん、古民家と作品をいかに融合、共鳴させるか、展示も厳選し展示方法なども考えて企画、撮影されている。

 

誠にありがたい話で、作品が飾られることによって古い住宅がどのような空気・気配を醸し出し、変化するのか、毎回楽しみでもある。

 

   < 意気揚々と >

  

昨夏、はじめての作品展でお使いいただいた作者とひさびさの再会。次に目指す事へ向けて動き出した、とのこと。そして、うれしいメッセージをいただいた。

 

100年超の時を生きる小石川大正住宅。

敬意を抱き「生かし、生かされ」

歴史と一体化する思考の意義、難しさと楽しさを学べる 私の大切な場所です ♪

 

 

 < ねじ式の鍵 >

  

大正時代の建具がそのまま残っているので、カギはねじ式だ。何種類かあるがもっとも古いと思われるカギには「完全」と刻印がある。当時のブランドかもしれない。

 

昭和に入り、アルミサッシの窓が出てくると、急速に廃れていった。

 

 

 < 会議・研修 >

  

予想外の使い方のひとつに、会議・研修でのご利用がある。Wi-Fiもプロジェクターも置いていないが、なぜかIT系やベンチャーの企業が多い。普段とは違う形で会議をやるらしく、みなさん発想が柔軟なのだと思う。

 

古い住宅で会社の現在・過去を振り返って未来の事業計画を検討したり、1階でプレゼン資料作成して2階で上司面談する新人研修、CEOと幹部役員2名での戦略会議というのもあった。私どもが参加したわけではないが、みなさんよい表情で帰られるのでこちらも嬉しくなる。

 

国内海外に支店を持つ企業では、ふだん顔の見えない同僚に向けての部署紹介として、西郷どんの時代劇風動画作成なんていうのもあった。さらに意外だったのは、理工系大学院生が立ち上げたベンチャー企業で、電波の影響を受けにくい木造古民家での実証実験!?、という使い方も、、、、

 

 

 < 思わぬ訪問者 >

  

かつては、犬の散歩の人がときどき立ち止まるだけの住宅だったが、改装工事が始まると、大工さんたちは

「壊してしまうのですか?」

「何になるのですか?」

と近所の方から心配されたり、尋ねられたりしたそうだ。そして、工事完了の引渡し当日、突然

「事務所として借りたいのですが、」と、見知らぬ方が現れた。予想していなかったお申し出のためお断りした。

 

その後もさまざまな訪問者、利用者がありさまざまな展開が続いている。

 

      

< ご利用方法 >

 

ご利用方法を集計してみたところ、圧倒的に和装や浴衣の撮影が多い。

 

撮影以外にも、私どもが思いもつかなかった意外な使い方、楽しいエピソードも多く、追々紹介したい。

 

 

< 大正3年建築の住宅 >

 

改築時に古い登記簿が出てきたが、達筆な手書きで読めないため東京法務局に持ち込んでみた。解読結果は「当時の持ち主が大正3年に改築した、との記載がある」とのこと。

 

大正時代というと、森鴎外、芥川龍之介、谷崎潤一郎、武者小路実篤、西條八十、野口雨情、北原白秋、竹久夢二、、など今でもおなじみの作家や文化人たちが活躍し、松井須磨子のカチューシャの唄やゴンドラの唄「命短し恋せよ乙女」に乗せて自由恋愛の流れもはぐくまれ明るく華やいだ雰囲気。

 

そして、おしゃれな「ハイカラさん」「モボ・モガ」「七三分け」が流行る一方で、学帽・下駄にマントを羽織った「バンカラスタイル」も流行。映画や演劇の観客も増加し、野球や相撲、花見や潮干狩り、花火や海水浴など現代に近い市民レジャーも活発で賑やかな時代だったそうだ。 

 

      

< 一世紀前の嫁入り道具 >

 

100年近く前の、明治生まれの祖母の嫁入り道具だという。親族の結婚式があるというのでひさびさに箪笥から取り出し、鴨居に吊り下げてみたら輝きだした。

古い住宅には古いものが似合うようで、数十年箪笥に眠っていたが、息を吹き返したようだった。

 

< Google 翻訳 >

  

海外からのお客様の場合、ほとんどエージェントの方が同行されるのだが、ときどき、単独で来られる場合がある。

 

「スペイン人の友人がモデル撮影のロケハンに行きます。日本語は話せませんがよろしく」という連絡があり、Google翻訳のお世話になった。当方もスペイン語は無理のため、前日からご案内、規約、禁止事項などひと通りの書面は翻訳しておいた。

 

でも、一番役に立ったのは、妻がその場で話した会話の翻訳だ。ワンテンポずれはするが、文字で確認のうえで言葉で発音してくれるので、お互いの意思や説明が正確に伝わった。

 

 

< 棕櫚(シュロ)の伐採 >

  

住宅の前庭にあった棕櫚の木。高層マンションに負けまいと二階の屋根より高く伸びてしまった。近年の台風の暴風、冬の強風時に大きく揺れて倒木が心配されたため、思い切って伐採した。

いつからあったのか不詳だが、母親の昔話では、隣りの家の庭にあった木の種が飛んできて育った実生のシュロらしい。

前日、近所の神社の神主さんに祝詞をあげていただき、長年の感謝とともにお別れをした。当日の朝は、若い庭師さんがお神酒をお供えし、尊敬の念を込めてから作業してくれた。

 

 

 

< 東京大空襲 >

 

3.10は母の20歳の誕生日だったが、それどころではない。住宅の縁の下に小さな防空壕を掘って祖母と避難していたとのこと。言問通りを隔てた区画までは空襲被害で燃え、こちらの一画は運よくそのまま残った。大通りに出ると焼野原で、4㎞先の皇居まで見えたそうだ。

 

おじさんの話では、戦後しばらくは焼夷弾の不発弾をとっておいたそうだ。1.5mくらいの円筒形でUSAと書いてあったという。そう言えば、住宅改装の時、縁の下から祖父が防空壕を掘ったときに使ったつるはし(母は、つるっぱし、と呼んでいた)が出てきた。とても重たかった。

 

 

< まっくろくろすけ >

 

風の強い、夏のある日、窓をすべて開けてそうじをしていた妻が、なにやら黒いものがコロコロコロコロ、、といくつも畳のうえを進んでいく姿を見た。何かな、虫かな、と思い追いかけてみたがわからない。追いかけて指でつぶしてみたら、黒いすすになって消えてしまったそうだ。他の黒い仲間たちもいたが、つぶすと畳が汚れてしまうと思い、掃除機で吸い取った、、、

 

写真は三十数年前に、我が家に来たとなりのトトロのメイちゃん。しっかりとまっくろくろすけを握っている。

 

 

< ちいさいおうち >

約80年前に書かれたバージニア・リー・バートンの絵本

 

ある方に「ちいさいおうち」のようですね、と教えていたただき、読んでみた。

 

むかしむかし、ちいさいおうちは静かに季節の移り変わりを楽しんでいたところ、クルマが走り、地下鉄ができ、高層ビルが建ちあがり、いつのまにかまわりが変わってしまい、、、ちいさいおうちは年月を経てボロボロになってしまいました、、、

 

「いつはるがきて、なつがきたのか、いつあきがきて、いつふゆなのか わからない」都会の街の中で、周囲の変化と季節の移り変わりを感じている・・・

 

 

 < 古民家再生のきっかけ >

東日本大震災の揺れに耐えた

 

住宅を現在のような形に古民家再生したのは、2011年3月の東日本大震災がきっかけだった。激しい揺れに壊れてしまったかなと覚悟していたが、傷ひとつなくきれいに建っていた。

 

それなら残しておこう、どうせ残すならキレイに残しておきたいと思った。

 

もうひとつの理由は、夏のお昼寝。風通しのよい木造住宅はぐっすり眠れて気持ちがいい、、、



 

  ご利用案内へ                ご予約・お問合せへ